ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策について。ゴキブリの赤ちゃんが出たら早めに対策をしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策はこれでばっちり!!

近年、コロナによるテレワークで在宅時間が増えてきたので、ゴキブリに悩まされる方が増えてきています。

ゴキブリ対策はもちろんやっていくべきではありますが、見落としがちなのが「ゴキブリの赤ちゃん対策」です。

ゴキブリの赤ちゃんが家に出たということは、家の中でゴキブリの卵が孵化したことを意味しています。

ゴキブリの卵は、1つの卵から20匹~40匹のゴキブリの赤ちゃんが産まれるというのはご存じですか? つまり、家の中にゴキブリの赤ちゃんが出たということは、それだけの数のゴキブリの赤ちゃんが家の中にいるということになります。

しかも、ゴキブリは1年も経てば繁殖できる成虫まで成長してしまいます。

だから、ゴキブリの赤ちゃんが部屋の中に出てしまったら、すぐに駆除対策を行う必要があります。

ゴキブリの赤ちゃん対策の最強は? ゴキブリの赤ちゃんに対する最強の対策としては、

・燻煙タイプの駆除剤
・置くタイプの駆除剤

この2種類を使用することです。

ゴキブリ駆除剤はそれぞれ特徴があるので、どれか1つを使って最強ということはありません。

組み合わせることで、ゴキブリに対して最強の対策になっていくと思ってください。


〇燻煙タイプのゴキブリ駆除剤のおすすめ

燻煙タイプの駆除剤というのは、部屋の中に殺虫作用のある煙を充満させて、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除していきます。

煙の殺虫剤なので、普段は手の届かない場所にいるゴキブリやゴキブリの赤ちゃんも駆除することが可能です。

また、燻煙タイプのゴキブリ駆除剤は、短時間で部屋の中のゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを全滅に近い状態にまで駆除出来るところが素晴らしいところです。

燻煙タイプのゴキブリ駆除剤の代表格は、やはり「バルサン」でしょう。

まずは、バルサンを使って部屋の中にいる大部分のゴキブリを駆除していきます。


〇置くタイプのゴキブリ駆除剤のおすすめ

ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除するためには、燻煙タイプの駆除剤で駆除するのと同時に、置くタイプのゴキブリ駆除剤を併用することが大事です。

燻煙タイプのバルサンのようなゴキブリ駆除剤も、部屋の中にいるすべてのゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除出来る訳ではありません。

駆除出来なかったゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが成長・繁殖をしないように、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使って駆除していくようにしましょう。

置くタイプのゴキブリ駆除剤は市販のもので色々と販売されていますが、業務用の強力なものを使用するようにすると、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんをしっかりと駆除することができます。

ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除するための対策は、以上の2つを行うことが基本であり、最も効果的に駆除をすることができます。

特に、置くタイプの駆除剤は長期間ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除し続けてくれるので、必ず設置するようにしましょう。

プロも使うゴキブリ駆除剤はこちら




〇マンションやアパートでのゴキブリの赤ちゃん対策

マンションや賃貸アパートなどの集合住宅でも、基本的にゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除するやり方は同じです。

基本は、 燻煙タイプの駆除剤+置くタイプの駆除剤 これになります。

マンションや賃貸アパートの場合は、部屋の中の駆除対策以外にも、対策をしておかないといけない場所が箇所あります。

それは、 玄関とベランダ です。

戸建ての住宅と違い、マンションや賃貸アパートなどの集合住宅の場合は、この2ヶ所がゴキブリやゴキブリの赤ちゃんの侵入経路になっているので、要注意です。


〇玄関

まず玄関ですが、実はゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが侵入してきやすいのが、この玄関です。

ゴキブリは、最初から家の中で発生するわけではありません。

最初の1匹は、必ず部屋の外から侵入してきます。

その入口の1つが、玄関になっています。

玄関は、出入りをする時に開け閉めをしますが、そのタイミングでゴキブリは部屋の中に侵入をしてきます。

なので、玄関から部屋の中に侵入をさせないために、必ず玄関にはゴキブリ駆除剤を置くようにしてください。


〇ベランダ

マンションやアパートのもう1つのゴキブリの侵入口、それが「ベランダ」です。

マンションやアパートの場合、ベランダというのは他の部屋とつながっていますよね?

ゴキブリは、ベランダやベランダの排水溝を使って、他の部屋からあなたの部屋に移動してきます。

そして、網戸の隙間やエアコンの室外機のホースを通って、部屋の中に侵入してきます。

ですので、賃貸アパートやマンションのベランダにゴキブリ駆除剤を置くことで、部屋に侵入をする前にゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除するようにしましょう。

また、ベランダでベランダ菜園やベランダガーデニングで栽培などをしている方は、注意が必要です。

ゴキブリは、昼間の間は部屋の外に出て、土のある涼しいところで過ごします。

すると、土のあるベランダ菜園やベランダガーデニングは、ゴキブリの昼間の住処になりやすい場所です。

気になる方は、ベランダ菜園やベランダガーデニングの近くにゴキブリ駆除剤を置いて、ゴキブリが近づけない環境を作っておくようにしましょう。

プロも使うゴキブリ駆除剤はこちら




〇ハーブやアロマ、ハッカ油は効果薄

ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除するためにハーブやアロマ、ハッカ油を使ってスプレーなどで噴射する対策もありますが、あまり効果は期待できません。

というのも、ハーブやアロマ、ハッカ油は、忌避剤といってゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが嫌がって近づかないようにする効果はあります。

ですが、ゴキブリやゴキブリの赤ちゃん自体を退治したり駆除することできないため、結局家の中にいるゴキブリを駆除することができないんですね。

ご自宅に赤ちゃんがいたり、猫を飼っているいる方は、駆除剤を置いておくのが気になってアロマやハーブ、ハッカ油を使ってしまいがちですが、それだとなかなかゴキブリやゴキブリの赤ちゃんを駆除することは難しくなります。

方法としては、冷蔵庫の奥やシンクの下、洗濯機の下など、赤ちゃんや猫の手の届かないところにゴキブリ駆除剤を置くようにしましょう。

実際のところ、ゴキブリというのは、こういった人の手の届かないところに巣を作っています。

ハーブやアロマ、ハッカ油などの忌避剤を使うのではなく、ゴキブリを駆除してくれる駆除剤を使ってゴキブリをしっかりと駆除するようにしていきましょう。



アパートや一戸建てにゴキブリの赤ちゃんが出た時の対策は?

アパートや一戸建てにゴキブリの赤ちゃんが出てきた時は、部屋の中でゴキブリが繁殖活動をしている可能性が高いです。

というのも、ゴキブリの赤ちゃんは移動能力が低いので、家の外を移動して部屋の中に侵入してくるのが難しいんです。

しかも、ゴキブリの赤ちゃんは一度に20匹~40匹が一斉に卵から産まれてくるので、1匹ゴキブリの赤ちゃんがいると部屋の中にたくさんいる可能性が大!

では、ゴキブリの赤ちゃんが出てきた場合、どこにいる可能性が高いのでしょうか?





ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲


まずは、ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲について知っておきましょう。

ゴキブリの赤ちゃんの行動範囲は、実はそれほど広くありません。

家の中すべてに移動するのかというとそういうことはなく、一戸建ての場合は1階に集中する傾向があります。

※ただゴキブリが2階で産卵した場合は2階でもゴキブリの赤ちゃんが出ます。

アパート・マンションの場合はワンフロアのことがほとんどですので、その場合はフロア全体に出てきます。

ただ、その場合もゴキブリの赤ちゃんは「巣」のようなものを作って、そこを中心に生活をしています。

その「巣」になりやすい場所を見つければ、そこを中心に駆除対策をすることでゴキブリの赤ちゃんを死滅させることができます。

では、ゴキブリの赤ちゃんの「巣」になりやすい場所はどこがあるのでしょうか?


その1、台所


ゴキブリの赤ちゃんの巣になりやすい場所の一番代表的なところは、「台所」です。

調理中に落ちた食材のカスや食べ残し、生ごみなど、ゴキブリの赤ちゃんのエサになるようなものがたくさんあります。

台所には冷蔵庫や米櫃(こめびつ)など、ゴキブリの赤ちゃんが身を隠すのに適した場所があるのも、ゴキブリの赤ちゃんが巣を作りやすい場所になる原因です。

また、調理後に床に飛んだ油などもゴキブリの赤ちゃんのエサになります。


その2、風呂場


次にゴキブリの赤ちゃんが巣を作りやすい場所は、「お風呂場」です。

ゴキブリの赤ちゃんがお風呂場に巣を作りやすい理由は、

・適度に湿度がある
・髪の毛などのエサになるものがある
・洗濯機など身を隠す場所がある

この3つです。

特に洗濯機の下はこの3つの条件が揃いやすいので、ゴキブリの赤ちゃんにとってはとても住みやすい場所になっています。

また、お風呂場の脱衣所には、洗濯機以外にもゴキブリの赤ちゃんが身を隠せるような棚などが置いてある場合が多いです。

これも、ゴキブリの赤ちゃんが巣を作りやすい環境を作っています。


その3、洗面所


お風呂場の次にゴキブリの赤ちゃんが出てきやすい場所は、「洗面所」です。

やはり水回りということもあって、ゴキブリの赤ちゃんが好む湿度が常にある場所です。

洗面所は下の棚の部分に湿度がこもりやすいため、そこにゴキブリの赤ちゃんが住み着きやすくなります。

また、洗面所はお風呂場とも近い距離にあることが多いため、お風呂場のゴキブリの赤ちゃんが洗面所に移動してきたり、洗面所のゴキブリの赤ちゃんがお風呂場に移動したりしやすい距離感になっています。


その4、玄関


次にゴキブリの赤ちゃんが巣を作りやすい場所は「玄関」です。

「なぜ玄関?」と思う方もいるかもしれませんが、実は玄関はゴキブリが侵入してくる侵入経路になっています。

外から侵入してきたゴキブリが玄関に置いてある物の陰で産卵、そこで産まれたゴキブリの赤ちゃんが玄関を巣にして成長していくというのは、実はよくあります。

玄関に何も物を置いていない場合は問題ありませんが、玄関に靴の箱などを置いている場合には注意が必要です。


その5、寝室


ゴキブリの赤ちゃんが巣にしやすいもう1つの場所は、「寝室」です。

寝室はベッドだけでなく、色々なものが置いてあるのでゴキブリの赤ちゃんが隠れやすい環境になっています。

また、ゴキブリの赤ちゃんのエサになる髪の毛も落ちているので、巣として生活していくのに十分な環境が整っています。


その6、トイレ


トイレは、巣になっていることは少ないけれど、ゴキブリの赤ちゃんが出やすい場所です。

トイレにはあまり身を隠す場所がないので、ゴキブリの赤ちゃんが巣にしていることはあまりありません。

ただ、水回りということで湿度があるため、廊下からトイレに侵入してくることがあります。

巣として生活をする場所にはしていませんがゴキブリの赤ちゃんが出やすい場所ではあるので、注意するようにしましょう。


ゴキブリの赤ちゃん対策はこの2つ!


ゴキブリの赤ちゃんが巣を作っていそうな場所が分かったら、次にゴキブリの赤ちゃんを駆除するための対策を行いましょう。

行うゴキブリ対策はシンプルで、

・掃除をしてエサになる物を除去する
・置くタイプの毒餌系ゴキブリ駆除剤を設置する

この2つです。

掃除は、普段掃除をしない部分を中心に行いましょう。

特に、冷蔵庫の裏やシンクの下、洗濯機の下など、掃除に手間がかかるところには大体ゴキブリのエサになりそうなものが溜まっています。

そういうところを中心に掃除を行うようにしてください。

掃除を行って清潔な環境が出来上がったら、掃除をした場所にゴキブリ駆除剤を置いていきましょう。

ゴキブリ駆除剤は、ベイト剤という置くタイプの毒餌系駆除剤を使います。

色々な種類が出ていますが、強力なものを使う方が確実にゴキブリの赤ちゃんやゴキブリを駆除出来るので、業務用の駆除剤を使うのがおすすめです。

→業務用駆除剤はこちら

あとは、「掃除」「駆除剤を置く」という2つのゴキブリ対策を定期的に行っていくようにしましょう。

ゴキブリやゴキブリの赤ちゃんが出てくる頻度にもよりますが、1ヶ月に1回を目安に行っていくのが理想です。

駆除剤も期間が経つと中のエサが硬くなってゴキブリの食いが悪くなるので、こまめに交換することを忘れないでくださいね。





【重要】ゴキブリの赤ちゃんが出た時にやるべきゴキブリ対策

 

暑い時期になってくると、家の中にゴキブリの赤ちゃんが出るようになってきます。
 

このゴキブリの赤ちゃん、体は小さいので普通のゴキブリが出た時よりも気持ち悪さはありませんが、実はかなり問題があります。

 

何が問題なのかというと、1匹ゴキブリの赤ちゃんが出たということは、ゴキブリの卵が家の中で孵化したということ

 

そこが問題なのです。

 


 

◆ゴキブリの卵が孵化すると何が問題なのか?

 

ゴキブリの赤ちゃんが出たということは、家の中でゴキブリの卵が孵化したということです。

 

この時に問題なのは、ゴキブリが孵化した時に生まれてくるゴキブリの赤ちゃんの数です。

 

ゴキブリの卵というのは、赤茶色のカプセルの中に20個~40個の卵が入っています。

 

ゴキブリの卵が孵化する時は、これだけの数のゴキブリの赤ちゃんが一度に生まれているということになります。

 

つまり、目の前に出てきたゴキブリの赤ちゃんが1匹だったとしても、家の中には数十匹のゴキブリの赤ちゃんがいるということです。

 

問題は、目の前に出てきていない何十匹というゴキブリの赤ちゃんの存在に気が付かないということなんです。

 


◆ゴキブリの赤ちゃんが成長するまでの期間は約10ヶ月

 

ゴキブリの赤ちゃんが大人のゴキブリに成長するまでの期間は、約10ヶ月と言われています。

 

つまり、目の前に出てきていないゴキブリの赤ちゃんが大人のゴキブリに成長するまでに、それほど時間がないということです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出てきたらすぐにゴキブリ対策をして駆除するようにと言われているのは、すぐに対策をしないとゴキブリの赤ちゃんはすぐに成虫のゴキブリに成長して繁殖を始めてしまうことがその一番大きな理由です。

 

では、ゴキブリの赤ちゃんが出てしまった場合は、どのようなゴキブリ対策をすればいいのでしょうか?

 


見つけたゴキブリの赤ちゃんはゴキブリスプレーで駆除

 

まず、目の前に現れたゴキブリの赤ちゃんは、確実にそこで退治することが必要です。

 

ゴキブリの赤ちゃんを見逃してしまうと、その後どんどん成長して成虫のゴキブリへと成長していきます。

 

そうならないためにも、目の前に現れたゴキブリの赤ちゃんは、ゴキブリスプレーを使って確実に駆除するようにしましょう。

 

ゴキブリスプレー自体は市販のもので問題ないので、ホームセンターにいけばすぐに手に入ります。

 

ゴキブリスプレーの中でも駆除効果が高く、使いやすいものを載せておくので、買いに行った時の参考にしてください。

 

⇒ゴキブリスプレーはこちら

 


◆強力な駆除剤で一気に退治する

 

ゴキブリの赤ちゃんは、目の前に出てきたものよりも出てきていない数の方が圧倒的に多いです。 

 

出てきていないゴキブリの赤ちゃんのゴキブリ対策は、

 

強力なゴキブリ駆除剤で一気に退治する

 

これが重要になります。

 

市販のゴキブリ駆除剤でも効果はありますが、駆除するまでに時間がかかってしまったり、あまり効果がなかったりします。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出た時は、業務用に開発された駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を使います。

 

f:id:iwfnieof:20180405212714p:plain

 

これは、業務用に開発されたゴキブリ駆除剤を家庭用に作り変えたものなので、ゴキブリ駆除剤としてはかなり強力です。

 

こういうゴキブリ駆除剤を使って、家の中のゴキブリとゴキブリの赤ちゃんをできるだけ短期間で一気に駆除してしまうことで、家の中にゴキブリが増えるのを抑えることができます。

 

 ⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら

 

 


◆ゴキブリ駆除剤を置く場所と置く数

 

 強力なゴキブリ駆除剤を使ったとしても、置く場所が間違っていればあまり効果を発揮してくれません。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんを駆除するためのゴキブリ駆除剤を置く場所は、しっかりと押さえておきましょう。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出た時にゴキブリ駆除剤を置く場所としては、

 

・キッチン周辺

・冷蔵庫の周辺

・シンクの下

・その他ゴキブリの赤ちゃんが出た場所

 

に置くようにしましょう。

 

置くゴキブリ駆除剤の数は、それぞれの場所にできれば3~4個ほど置いておくと駆除効果が期待できます。

 

置く数が少なくなると、逃がすゴキブリの数も増えるので、置くゴキブリ駆除剤の数はそれぞれの広さなどに合わせて選ぶようにしてください。

 


◆まとめ

 

最初の方でもお伝えしましたが、ゴキブリの赤ちゃんというのは1匹見つけると、同じ時期に孵化した他のゴキブリの赤ちゃんが何十匹と家の中にいる状態です。

 

その状態をほっておけば、約10ヶ月ほどで家の中のゴキブリの数は爆発的に増えてしまいます。

 

そうなる前にしっかりとゴキブリ対策をして、ゴキブリの赤ちゃんが成虫のゴキブリに成長する前に駆除してしまうようにしましょう。

 

今回紹介したゴキブリ駆除剤は、先ほどもお伝えした通り、元々業務用に開発された駆除剤です。

 

そのため、駆除効果はかなり高いのでゴキブリの赤ちゃんやゴキブリに悩まされている方は、一度使ってみる価値はあると思います。

 

 ⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

 

 

 


 

 

ゴキブリの赤ちゃんに関する予備知識

ここからは、ゴキブリの赤ちゃんに関する予備知識を載せておきます。

ゴキブリの赤ちゃんのことを知っておくことで、早めに対策をすることの重要性が分かってくると思います。


ゴキブリの赤ちゃんの特徴

ゴキブリの赤ちゃんの特徴としては、背中に白い一本の横線があることが特徴です。

夏の時期になってくると、ゴキブリの赤ちゃんに似た黒くて小さな虫が出ることがありますが、背中に白い横線がなければ他の虫です。

ですが、背中に白い横線があった場合はゴキブリの赤ちゃんなので、見逃さずにその場で駆除するようにしてください。


ゴキブリの赤ちゃんが大量に出る理由

ゴキブリの赤ちゃんというのは、1匹出てくるとその後に大量に出るようになってきます。

これは、1つのゴキブリの卵から約20匹から40匹のゴキブリの赤ちゃんが産まれてきていることが原因です。

つまり、家の中にゴキブリの赤ちゃんが1匹いたらそれだけの数のゴキブリの赤ちゃんがいるということなので、早急にゴキブリの駆除を行うようにしてください。


●ゴキブリの赤ちゃんの色は?

ゴキブリの赤ちゃんは、産まれてすぐは白い色をしています。

そこから時間経過とともに赤い色に変化し、最終的によく見かける黒い色になっていきます。

赤いゴキブリの赤ちゃんで少しからだが大きいものは、脱皮してすぐにのゴキブリの赤ちゃんです。


●茶色のゴキブリの赤ちゃんは違う種類

ゴキブリの赤ちゃんの中には、茶色いゴキブリの赤ちゃんもいます。

茶色のゴキブリの赤ちゃんは、チャバネゴキブリという違うゴキブリの赤ちゃんになります。

チャバネゴキブリというのは、普段見かける黒いゴキブリ以上に繁殖力が強いので、茶色のゴキブリの赤ちゃんを見つけたら確実に退治するとともに、家の中のゴキブリ対策を徹底して行うようにしてください。


ゴキブリの赤ちゃんが成長するまでの期間

ゴキブリの赤ちゃんが大人のゴキブリに成長するまでの期間は、約10ヶ月ほどと言われています。

つまり、目の前に現れたゴキブリの赤ちゃんを見逃してしまうと、10ヶ月後には大人のゴキブリにまで成長してしまい、すぐに繁殖活動を始めます。

そうすると、家の中のゴキブリの数がどんどん増えていってしまうので、ゴキブリは赤ちゃんのうちに確実に駆除することがとても重要になります。

 ⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら