ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策について。ゴキブリの赤ちゃんが出たら早めに対策をしましょう。

【重要】ゴキブリの赤ちゃんが出た時にやるべきゴキブリ対策

この記事を読んでいるということは、ご自宅の中にゴキブリの赤ちゃんが出たということだと思いますが、まず始めにとても辛い現実をお伝えしないといけません。

 

ゴキブリというのは、一度の産卵で約20個~30個の卵を産みます。

 

そして、その卵はほぼ同時に孵化をします。

 

つまり、1匹ゴキブリの赤ちゃんを見たということは、それ以外にも約20匹から30匹のゴキブリの赤ちゃんが同時にあなたの家の中で産まれているということを意味します。

 

そして、そのゴキブリの赤ちゃんは、約1年で大人のゴキブリに成長し、そして繁殖活動を開始します。

 

どういうことかというと、

 

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出たということは、これから家の中のゴキブリの数が爆発的に増えていく前触れです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策で重要なことは、いかに早く適切なゴキブリ対策を行うか、です。

 

ゴキブリ対策を始めるのが遅くなったり、やり方が不十分だった場合、ゴキブリの増殖を止められなくなります。

 

ここからは、家の中のゴキブリを根本から退治するゴキブリ対策を説明していくので、家の中のゴキブリをしっかり退治してしまいたい方は参考にしてください。

 

f:id:iwfnieof:20170903113807j:plain

 

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策は、ゴキブリの赤ちゃんだけでなく、家の中にすでにいる親ゴキブリも同時に退治する対策を行います。

 

やることは、

 

強力な置くタイプのゴキブリ駆除剤を家の中と外に置く

 

ことです。

 

なぜ家の外に置くことが大切かは後で説明をしますが、ここで重要になるのは、

 

・どういうゴキブリ駆除剤を使うか

・どこに置くか

 

この2つがとても大切になります。

 

まず最も重要なこと、「どういうゴキブリ駆除剤を使うのか」ですが、ゴキブリ駆除剤の選び方はとても重要です。

 

効果の薄いゴキブリ駆除剤をいくら使っても、ゴキブリを駆除することは出来ません。

 

使うゴキブリ駆除剤は、ネットショップでしか販売されていない、業務用に開発された強力なゴキブリ駆除剤を家庭用に作り変えたものを使います。

 

f:id:iwfnieof:20170723183924j:plain

f:id:iwfnieof:20170903113959j:plain

 

⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら

 

このゴキブリ駆除剤は、市販のゴキブリ駆除剤に比べると少し割高ですが、効果は抜群です。

 

この駆除剤の良いところは、業務用に開発されたものなので、ゴキブリへの殺虫能力はものすごく高いです。

 

市販のゴキブリ駆除剤を使ってあまり効果を感じられなかった方には、とくにおすすめのゴキブリ駆除剤です。

 

もう1つ良いところは、ほとんどゴキブリの死骸の片づけをしなくていいことです。

 

このゴキブリ駆除剤を食べたゴキブリは、体の水分が減っていくため、水を求めて下水へと下りていきます。

 

そして、下水の中で息絶えるため、家の中にゴキブリの死骸が出ることがほとんどありません。

 

ゴキブリの死骸の処理をしたくない女性は多いので、そういう方にはおすすめです。

 

このゴキブリ駆除剤は親ゴキブリとゴキブリの赤ちゃんの両方に効果抜群ですが、どこにおくのかが非常に重要になります。

 

置く場所としては、

 

・キッチンの周り

・冷蔵庫の周り

・押入れの中

・その他家の中でよく出る場所

 

このあたりは必須です。

 

これ以外で重要になるのが、

 

・玄関

・エアコンの室外機の近く

 

この2つです。

 

この2つはゴキブリが外から家の中に侵入してくる、侵入経路になります。

 

特に、エアコンの室外機の近くに置くことは、ゴキブリ対策の中ではとても重要になります。

 

f:id:iwfnieof:20170918114317j:plain

 

エアコンの室外機は、家の外に置いてあって、すぐにゴキブリが侵入できる場所です。

 

エアコンの室外機から入ったゴキブリは、ホースを登ってエアコンの中に侵入、そこから家の中へ入っています。

 

エアコンからゴキブリが落ちてくる原因が、ここにあります。

 

また、最近は、エアコンの中のゴキブリが原因で火災が起きるといった事例もニュースで紹介されていたので、エアコンの室外機の近くには必ずゴキブリ駆除剤を置くようにします。

 

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出た時のゴキブリ対策としては、

 

・強力なゴキブリ駆除剤を使用する

・家の中と外の両方にゴキブリ駆除剤を設置する

 

この2つをすることで、家の中でゴキブリが出ない環境を作り出すことができます。

 

つまり、家の中のゴキブリを根絶するためには、一度にそれなりの数を設置しないとそれほど効果はありません。

 

これを理解しているかどうかが、ゴキブリのいない環境を作れるかどうかの分かれ道になります。

 

よくあるのが、キッチンの周りに1~2個だけ置くというパターンですが、これだとキッチン周りのゴキブリは退治できますが、それ以外の場所に出るゴキブリや家の外から進入してくるゴキブリは駆除出来ません。

 

そうなると、いつまでもゴキブリが出続ける状況になってしまうので、ゴキブリ対策をする時は家の中と外を一斉にやることがとても重要です。

 

ゴキブリが出ることは、特にお子様がいるご家庭やアレルギーを持っている方がいるご家庭では、衛生面でもよくありません。

 

しかも、何も対策をせずにほっておけば、ゴキブリはすぐに繁殖と増殖を繰り返していきます。

 

まずはしっかりとしたゴキブリ対策を行って、ゴキブリのいない家の環境を作りましょう。

 

最後に、ここで使用している元々業務用に開発されたゴキブリ駆除剤を紹介しておきます。

 

ゴキブリが出て困っている方、市販のゴキブリ駆除剤を使って効果があまり見られなかった方は、使ってみる価値はあります。

 

⇒この記事で紹介したゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが1匹でも出たらすぐに対策をする

ゴキブリの赤ちゃんが1匹だけ家に出たとします。

 

そうすると、1匹だからと安心してしまいそうですが、1匹出たということは必ずそのゴキブリの赤ちゃんを産んだ親ゴキブリが家の中にいます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが1匹出たということは、家の中にはすでに数匹のゴキブリが存在しているということです。

 

ここをしっかりと分かっていないといけません。

 

ゴキブリの赤ちゃんというのは、家の外から自力で家の中に侵入してくることはできません。

 

必ず、先に親ゴキブリが家の中に入ってきていて、その親ゴキブリが産卵・繁殖をしています。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出たら、必ず親ゴキブリも退治するゴキブリ対策をする必要があります。

 

基本は、置くタイプのゴキブリ駆除剤を置いて、親ゴキブリとゴキブリの赤ちゃんの両方を駆除する方法を取ります。

 

ゴキブリの赤ちゃんは数ヶ月で親ゴキブリに成長してしまうので、ゴキブリの赤ちゃんを1匹でも見つけたらすぐにゴキブリ駆除剤を置いてゴキブリ対策を行いましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ駆除方法

 

 

 

 

アパートやマンションでゴキブリの赤ちゃんが出た場合の侵入経路

マンションやアパートでも、ゴキブリの赤ちゃんが出ることはよくあります。

 

その場合、いくら自分の部屋の中を掃除していても関係ありません。

 

マンションやアパートの場合は、ゴキブリは部屋の外から侵入してきます。

 

侵入経路は玄関とベランダ、あとはエアコンの室外機の3つが主になります。

 

この場合のゴキブリ対策としては、家の中と外の両方に置くタイプのゴキブリ駆除剤をおく必要があります。

 

特にベランダにはしっかりゴキブリ対策をしておきましょう。

 

マンションやアパートの場合、ベランダは他の部屋とつながっている作りになっていることが多いです。

 

そうすると、他の部屋で発生したゴキブリがベランダをからあなたの部屋に侵入してくるケースがよくあります。

 

そのため、アパートやマンションでゴキブリの赤ちゃんが出た場合は、ベランダを中心にゴキブリ対策をすることがおすすめです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが1匹だけ家に出たとします。

 

そうすると、1匹だからと安心してしまいそうですが、1匹出たということは必ずそのゴキブリの赤ちゃんを産んだ親ゴキブリが家の中にいます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが1匹出たということは、家の中にはすでに数匹のゴキブリが存在しているということです。

 

ここをしっかりと分かっていないといけません。

 

ゴキブリの赤ちゃんというのは、家の外から自力で家の中に侵入してくることはできません。

 

必ず、先に親ゴキブリが家の中に入ってきていて、その親ゴキブリが産卵・繁殖をしています。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出たら、必ず親ゴキブリも退治するゴキブリ対策をする必要があります。

 

基本は、置くタイプのゴキブリ駆除剤を置いて、親ゴキブリとゴキブリの赤ちゃんの両方を駆除する方法を取ります。

 

ゴキブリの赤ちゃんは数ヶ月で親ゴキブリに成長してしまうので、ゴキブリの赤ちゃんを1匹でも見つけたらすぐにゴキブリ駆除剤を置いてゴキブリ対策を行いましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ駆除方法

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが出やすい洗面所

ゴキブリの赤ちゃんが出やすい場所としては、キッチンの他に洗面所があります。

 

洗面所のように水を使う場所というのはゴキブリが好む場所ですから、自然にゴキブリの赤ちゃんも出やすい場所です。

 

ですから、洗面所にもゴキブリを退治するためのゴキブリ駆除剤をおいておくことが必要になります。

 

洗面所はお風呂場とも距離が近い家が多いですから、洗面所だけでなくお風呂場にもゴキブリの赤ちゃんが生息しています。

 

なので、同じゴキブリ駆除剤で構いませんので、お風呂場にもしっかりとゴキブリ対策をする必要があります。

 

ゴキブリ対策の基本は、ゴキブリが集まりやすい場所に集中してゴキブリ駆除剤を置くことです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出たということは必ず親ゴキブリも近くにいるので、しっかりとしたゴキブリ対策をするようにしてください。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

家の中にいるゴキブリの赤ちゃんの数の目安

ゴキブリの赤ちゃんを家の中で見かけた場合、ものすごくたくさんの数のゴキブリが家の中にいるのかというと、そういう訳でもありません。

 

ゴキブリ自体は一度にたくさんの卵を産卵するわけではないので、せいぜい数匹程度だと思っておきましょう。

 

ただし、これがチャバネゴキブリという小さいなゴキブリの場合は話が変わってきます。

 

チャバネゴキブリの場合は、ゴキブリの赤ちゃんから成虫になるまで数週間とかなり短い期間で成虫になります。

 

つまり、ほっておくとすぐに産卵・繁殖を繰り返すため、家の中がゴキブリだらけになってしまいます。

 

普通のゴキブリの場合は成虫になるまで数ヶ月はかかるのでゆっくり対策をしても問題はありませんが、やはり家の中にゴキブリがいるというのは気持ちの良いものではありません。

 

ゴキブリ対策は「早く・徹底的に」というのが基本ですから、ゴキブリの赤ちゃんを見かけたらすぐにゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが新築の家に出た場合の対策

ゴキブリの赤ちゃんが新築の家に出た場合、家の中で繁殖したのではなく家の外から親ゴキブリが入ってきて、そのゴキブリが産卵、孵化したものと考えてください。

 

ゴキブリの赤ちゃんはそれほど行動力があるわけではないので、家の外から家の中に侵入してくることは非常に難しいです。

 

これが親ゴキブリになると、家のいたるところから侵入してきます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが新築の家の中で出た場合は、家の中で繁殖したということ。

 

つまり、新築の家の中に親ゴキブリが外から侵入してきたと考えてください。

 

つまり、やらなければならないことは、赤ちゃんゴキブリの対策だけではなく、家の中に侵入してしまった親ゴキブリをどうやって退治するのか、そのゴキブリ対策が鍵になります。

 

ゴキブリは対策を怠るとどんどん繁殖を繰り返していきますから、ゴキブリの赤ちゃんを見かけた段階で必ずゴキブリ対策をしっかり行うようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんの大きさ

ゴキブリの赤ちゃんの大きさは、1cmないくらいなのでとても小さいです。

 

そのため、パッと見ただけだと他の虫と勘違いをしてしまいやすい大きさです。

 

ゴキブリの赤ちゃんは成長がとてもので、大きさに関わらずすぐに退治することが大切になります。

 

ゴキブリの赤ちゃんの退治方法としては、大きさがそれほど大きくないので叩いて退治をするのが最も有効です。

 

大きなゴキブリよりも抵抗が少なく叩けることと、ゴキブリの赤ちゃんを見逃してしまうと、いつかは成虫になってしまいます。

 

それを防ぐためにもすぐに叩いて退治をしてしまうことが大切になってきます。

 

もし叩くことに抵抗があるようならゴキブリ用のスプレーなどを利用することも1つの方法です。

 

ゴキブリの赤ちゃんは見かけたら必ずその場で退治をするようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法