ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策について。ゴキブリの赤ちゃんが出たら早めに対策をしましょう。

【重要】ゴキブリの赤ちゃんが出た時にやるべきゴキブリ対策

 

暖かい時期になってくると、家の中にゴキブリの赤ちゃんが出るようになってきます。

 

f:id:iwfnieof:20180228011159j:plain

 

 

このゴキブリの赤ちゃん、体は小さいので普通のゴキブリが出た時よりも気持ち悪さはありませんが、実はかなり問題があります。

 

何が問題なのかというと、1匹ゴキブリの赤ちゃんが出たということは、ゴキブリの卵が家の中で孵化したということ

 

そこが問題なのです。

 

 

◆ゴキブリの卵が孵化すると何が問題なのか?

 

ゴキブリの赤ちゃんが出たということは、家の中でゴキブリの卵が孵化したということです。

 

この時に問題なのは、ゴキブリが孵化した時に生まれてくるゴキブリの赤ちゃんの数です。

 

ゴキブリの卵というのは、赤茶色のカプセルの中に20個~40個の卵が入っています。

 

ゴキブリの卵が孵化する時は、これだけの数のゴキブリの赤ちゃんが一度に生まれているということになります。

 

つまり、目の前に出てきたゴキブリの赤ちゃんが1匹だったとしても、家の中には数十匹のゴキブリの赤ちゃんがいるということです。

 

問題は、目の前に出てきていない何十匹というゴキブリの赤ちゃんの存在に気が付かないということなんです。

 

 

◆ゴキブリの赤ちゃんが成長するまでの期間は約10ヶ月

 

ゴキブリの赤ちゃんが大人のゴキブリに成長するまでの期間は、約10ヶ月と言われています。

 

つまり、目の前に出てきていないゴキブリの赤ちゃんが大人のゴキブリに成長するまでに、それほど時間がないということです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出てきたらすぐにゴキブリ対策をして駆除するようにと言われているのは、すぐに対策をしないとゴキブリの赤ちゃんはすぐに成虫のゴキブリに成長して繁殖を始めてしまうことがその一番大きな理由です。

 

では、ゴキブリの赤ちゃんが出てしまった場合は、どのようなゴキブリ対策をすればいいのでしょうか?

 

 

◆強力な駆除剤で一気に退治する

 

 ゴキブリの赤ちゃんが出てしまった時のゴキブリ対策は、

 

強力なゴキブリ駆除剤で一気に退治する

 

これが重要になります。

 

市販のゴキブリ駆除剤でも効果はありますが、駆除するまでに時間がかかってしまったり、あまり効果がなかったりします。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出た時は、業務用に開発された駆除効果の高いゴキブリ駆除剤を使います。

 

f:id:iwfnieof:20180405212714p:plain

 

これは、業務用に開発されたゴキブリ駆除剤を家庭用に作り変えたものなので、ゴキブリ駆除剤としてはかなり強力です。

 

こういうゴキブリ駆除剤を使って、家の中のゴキブリとゴキブリの赤ちゃんをできるだけ短期間で一気に駆除してしまうことで、家の中にゴキブリが増えるのを抑えることができます。

 

 ⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

◆ゴキブリ駆除剤を置く場所と置く数

 

 強力なゴキブリ駆除剤を使ったとしても、置く場所が間違っていればあまり効果を発揮してくれません。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんを駆除するためのゴキブリ駆除剤を置く場所は、しっかりと押さえておきましょう。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出た時にゴキブリ駆除剤を置く場所としては、

 

・キッチン周辺

・冷蔵庫の周辺

・シンクの下

・その他ゴキブリの赤ちゃんが出た場所

 

に置くようにしましょう。

 

置くゴキブリ駆除剤の数は、それぞれの場所にできれば3~4個ほど置いておくと駆除効果が期待できます。

 

置く数が少なくなると、逃がすゴキブリの数も増えるので、置くゴキブリ駆除剤の数はそれぞれの広さなどに合わせて選ぶようにしてください。

 

 

◆まとめ

 

最初の方でもお伝えしましたが、ゴキブリの赤ちゃんというのは1匹見つけると、同じ時期に孵化した他のゴキブリの赤ちゃんが何十匹と家の中にいる状態です。

 

その状態をほっておけば、約10ヶ月ほどで家の中のゴキブリの数は爆発的に増えてしまいます。

 

そうなる前にしっかりとゴキブリ対策をして、ゴキブリの赤ちゃんが成虫のゴキブリに成長する前に駆除してしまうようにしましょう。

 

今回紹介したゴキブリ駆除剤は、先ほどもお伝えした通り、元々業務用に開発された駆除剤です。

 

そのため、駆除効果はかなり高いのでゴキブリの赤ちゃんやゴキブリに悩まされている方は、一度使ってみる価値はあると思います。

 

 ⇒使用するゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

茶色いゴキブリの赤ちゃんもいます

ゴキブリの赤ちゃんというと、色は赤か黒のイメージですが、実は茶色いゴキブリの赤ちゃんもいます。

 

これは、チャバネゴキブリというほかの種類のゴキブリの赤ちゃんです。

 

チャバネゴキブリというのは、色が茶色で2cmほどの小さいゴキブリです。

 

このチャバネゴキブリというのは、繁殖力が非常に高いため、普段見かけるクロゴキブリよりも早く家の中の数が増えていきます。

 

チャバネゴキブリは成虫になるまでに大体2ヶ月ほどですから、何もせずにいるとすぐに家の中がチャバネゴキブリだらけになってしまいます。

 

茶色のゴキブリの赤ちゃんが出た場合は、チャバネゴキブリの赤ちゃんなので、出来るだけ速やかにゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ駆除方法

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが1匹でも出たらすぐに対策をする

ゴキブリの赤ちゃんが1匹だけ家に出たとします。

 

そうすると、1匹だからと安心してしまいそうですが、1匹出たということは必ずそのゴキブリの赤ちゃんを産んだ親ゴキブリが家の中にいます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが1匹出たということは、家の中にはすでに数匹のゴキブリが存在しているということです。

 

ここをしっかりと分かっていないといけません。

 

ゴキブリの赤ちゃんというのは、家の外から自力で家の中に侵入してくることはできません。

 

必ず、先に親ゴキブリが家の中に入ってきていて、その親ゴキブリが産卵・繁殖をしています。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出たら、必ず親ゴキブリも退治するゴキブリ対策をする必要があります。

 

基本は、置くタイプのゴキブリ駆除剤を置いて、親ゴキブリとゴキブリの赤ちゃんの両方を駆除する方法を取ります。

 

ゴキブリの赤ちゃんは数ヶ月で親ゴキブリに成長してしまうので、ゴキブリの赤ちゃんを1匹でも見つけたらすぐにゴキブリ駆除剤を置いてゴキブリ対策を行いましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ駆除方法

 

 

 

 

アパートやマンションでゴキブリの赤ちゃんが出た場合の侵入経路

マンションやアパートでも、ゴキブリの赤ちゃんが出ることはよくあります。

 

その場合、いくら自分の部屋の中を掃除していても関係ありません。

 

マンションやアパートの場合は、ゴキブリは部屋の外から侵入してきます。

 

侵入経路は玄関とベランダ、あとはエアコンの室外機の3つが主になります。

 

この場合のゴキブリ対策としては、家の中と外の両方に置くタイプのゴキブリ駆除剤をおく必要があります。

 

特にベランダにはしっかりゴキブリ対策をしておきましょう。

 

マンションやアパートの場合、ベランダは他の部屋とつながっている作りになっていることが多いです。

 

そうすると、他の部屋で発生したゴキブリがベランダをからあなたの部屋に侵入してくるケースがよくあります。

 

そのため、アパートやマンションでゴキブリの赤ちゃんが出た場合は、ベランダを中心にゴキブリ対策をすることがおすすめです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが1匹だけ家に出たとします。

 

そうすると、1匹だからと安心してしまいそうですが、1匹出たということは必ずそのゴキブリの赤ちゃんを産んだ親ゴキブリが家の中にいます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが1匹出たということは、家の中にはすでに数匹のゴキブリが存在しているということです。

 

ここをしっかりと分かっていないといけません。

 

ゴキブリの赤ちゃんというのは、家の外から自力で家の中に侵入してくることはできません。

 

必ず、先に親ゴキブリが家の中に入ってきていて、その親ゴキブリが産卵・繁殖をしています。

 

なので、ゴキブリの赤ちゃんが出たら、必ず親ゴキブリも退治するゴキブリ対策をする必要があります。

 

基本は、置くタイプのゴキブリ駆除剤を置いて、親ゴキブリとゴキブリの赤ちゃんの両方を駆除する方法を取ります。

 

ゴキブリの赤ちゃんは数ヶ月で親ゴキブリに成長してしまうので、ゴキブリの赤ちゃんを1匹でも見つけたらすぐにゴキブリ駆除剤を置いてゴキブリ対策を行いましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ駆除方法

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが出やすい洗面所

ゴキブリの赤ちゃんが出やすい場所としては、キッチンの他に洗面所があります。

 

洗面所のように水を使う場所というのはゴキブリが好む場所ですから、自然にゴキブリの赤ちゃんも出やすい場所です。

 

ですから、洗面所にもゴキブリを退治するためのゴキブリ駆除剤をおいておくことが必要になります。

 

洗面所はお風呂場とも距離が近い家が多いですから、洗面所だけでなくお風呂場にもゴキブリの赤ちゃんが生息しています。

 

なので、同じゴキブリ駆除剤で構いませんので、お風呂場にもしっかりとゴキブリ対策をする必要があります。

 

ゴキブリ対策の基本は、ゴキブリが集まりやすい場所に集中してゴキブリ駆除剤を置くことです。

 

ゴキブリの赤ちゃんが出たということは必ず親ゴキブリも近くにいるので、しっかりとしたゴキブリ対策をするようにしてください。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

家の中にいるゴキブリの赤ちゃんの数の目安

ゴキブリの赤ちゃんを家の中で見かけた場合、ものすごくたくさんの数のゴキブリが家の中にいるのかというと、そういう訳でもありません。

 

ゴキブリ自体は一度にたくさんの卵を産卵するわけではないので、せいぜい数匹程度だと思っておきましょう。

 

ただし、これがチャバネゴキブリという小さいなゴキブリの場合は話が変わってきます。

 

チャバネゴキブリの場合は、ゴキブリの赤ちゃんから成虫になるまで数週間とかなり短い期間で成虫になります。

 

つまり、ほっておくとすぐに産卵・繁殖を繰り返すため、家の中がゴキブリだらけになってしまいます。

 

普通のゴキブリの場合は成虫になるまで数ヶ月はかかるのでゆっくり対策をしても問題はありませんが、やはり家の中にゴキブリがいるというのは気持ちの良いものではありません。

 

ゴキブリ対策は「早く・徹底的に」というのが基本ですから、ゴキブリの赤ちゃんを見かけたらすぐにゴキブリ対策を行うようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが新築の家に出た場合の対策

ゴキブリの赤ちゃんが新築の家に出た場合、家の中で繁殖したのではなく家の外から親ゴキブリが入ってきて、そのゴキブリが産卵、孵化したものと考えてください。

 

ゴキブリの赤ちゃんはそれほど行動力があるわけではないので、家の外から家の中に侵入してくることは非常に難しいです。

 

これが親ゴキブリになると、家のいたるところから侵入してきます。

 

つまり、ゴキブリの赤ちゃんが新築の家の中で出た場合は、家の中で繁殖したということ。

 

つまり、新築の家の中に親ゴキブリが外から侵入してきたと考えてください。

 

つまり、やらなければならないことは、赤ちゃんゴキブリの対策だけではなく、家の中に侵入してしまった親ゴキブリをどうやって退治するのか、そのゴキブリ対策が鍵になります。

 

ゴキブリは対策を怠るとどんどん繁殖を繰り返していきますから、ゴキブリの赤ちゃんを見かけた段階で必ずゴキブリ対策をしっかり行うようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法