ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策

ゴキブリの赤ちゃんが出た時のゴキブリ対策について。ゴキブリの赤ちゃんが出たら早めに対策をしましょう。

ゴキブリの赤ちゃんの大きさ

ゴキブリの赤ちゃんの大きさは、1cmないくらいなのでとても小さいです。

 

そのため、パッと見ただけだと他の虫と勘違いをしてしまいやすい大きさです。

 

ゴキブリの赤ちゃんは成長がとてもので、大きさに関わらずすぐに退治することが大切になります。

 

ゴキブリの赤ちゃんの退治方法としては、大きさがそれほど大きくないので叩いて退治をするのが最も有効です。

 

大きなゴキブリよりも抵抗が少なく叩けることと、ゴキブリの赤ちゃんを見逃してしまうと、いつかは成虫になってしまいます。

 

それを防ぐためにもすぐに叩いて退治をしてしまうことが大切になってきます。

 

もし叩くことに抵抗があるようならゴキブリ用のスプレーなどを利用することも1つの方法です。

 

ゴキブリの赤ちゃんは見かけたら必ずその場で退治をするようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出た場合の退治方法

ゴキブリの赤ちゃんが家の中に出た場合の退治方法としては、発見したその時は新聞紙などを丸めて叩いて殺すか、ゴキブリスプレーのようなものを吹きかけることで退治することが一番確実です。

 

ゴキブリの赤ちゃんを逃がしてしまうと、その後成長してゴキブリの成虫になってしまいます。

 

そうなってくると、そのゴキブリが卵を産み、孵化し、またゴキブリが増えるという悪循環が生まれます。

 

そうならないように、まずは出てきたゴキブリの赤ちゃんをその場で退治することが非常に重要です。

 

そして、ゴキブリの赤ちゃんが出てきたということは、必ず家の中には成虫のゴキブリがいます。

 

このゴキブリを退治するために、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使用することがおすすめです。

 

成虫のゴキブリは、家の中に1匹だけいるということは考えにくく、必ず数匹のゴキブリが家の中に存在しています。

 

そのゴキブリを退治するためには、置くタイプのゴキブリ駆除剤を使って、家の中にいるゴキブリを根こそぎ退治するようにしてください。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんを駆除する効果的な方法

そろそろゴキブリの赤ちゃんがたくさん出てくる時期になりました。

 

ゴキブリの赤ちゃんは、1匹見かけたら家の中にはその何倍何十倍のゴキブリがいると思って間違いありません。

 

しかも、ゴキブリの赤ちゃんはほっておくとすぐに成虫のゴキブリになり、また新しく卵を産みます。

 

それが孵化して成虫になり卵を産み・・・という悪循環が、ゴキブリの赤ちゃんをほっておくと家の中で起こってしまいます。

 

それを防ぐためにも、ゴキブリの赤ちゃんを見つけたら、すぐにゴキブリ対策を始めましょう。

 

ゴキブリのあかちゃんの対策は、

 

強力なゴキブリ駆除剤を置く

 

これが基本になります。

 

置く場所は、どの程度駆除したいかにもよりますが、しっかりと駆除したいのであれば、

 

・キッチン

・洗濯場

・お風呂の脱衣所

・玄関

・エアコンの室外機の近く

・植木鉢

 

最低でもこの6箇所に数個ずつゴキブリ駆除剤を置いておきます。

 

キッチンや洗濯場、お風呂の脱衣所などはイメージが付くと思いますが、実は玄関やエアコンの室外機、植木鉢、この3つは重要になります。

 

ゴキブリは家の中で繁殖しますが、最初から家の中にいる訳ではありません。

 

最初は、家の外から家の中に入ってきて繁殖をします。

 

その侵入経路が、玄関やエアコンの室外機です。

 

だから、家の中に入ってくるゴキブリを入る前に防ぐために、玄関とエアコンの室外機の近くにゴキブリ駆除剤を置きましょう。

 

植木鉢はなぜ?と思うかもしれませんが、実は昼間の時間はゴキブリは家の外に出て、日陰になる植木鉢などに潜んでいます。

 

だから、植木鉢あたりにもゴキブリ駆除剤を置いておくことで、植木鉢周辺に来たゴキブリを駆除することが出来ます。

 

家の中と家の外、つまり家の中で繁殖したゴキブリと家に入ってくるゴキブリの両方を駆除する対策をすることが、家の中のゴキブリの赤ちゃんの駆除につながっていきます。

 

では、どういうゴキブリ駆除剤を使うかというところですが、ホームセンターなどで販売されているゴキブリ駆除剤だとやはり効き目が弱いです。

 

だから、業務用に作られた強力なゴキブリ駆除剤を家庭用にしたものがあるので、それを使うようにしましょう。

 

⇒ゴキブリ駆除剤はこちら

 

ここで紹介しているゴキブリ駆除剤の良いところは、もちろん効き目は市販されているものよりもかなり強力ということ。

 

それと、ゴキブリの死骸が家の中に残らないということです。

 

販売サイトの説明にも書いてありますが、ゴキブリがこの駆除剤を食べると体の水分がどんどんなくなっていきます。

 

ゴキブリは水分を求めて下水の方へ行ってそこで死ぬので、家の中にはゴキブリの死骸が残りません。

 

市販のものは、どうしても家の中にゴキブリの死骸が残るので、それはそれで不衛生になってしまいます。

 

だから、ゴキブリの赤ちゃんだけでなく、ゴキブリを駆除する場合には、こういう業務用に作られたゴキブリ駆除剤を使うことが大切になります。

 

ゴキブリは、ほっておいたり中途半端なゴキブリ対策をすると、気付かないうちにどんどん家の中で繁殖していってしまいます。

 

そうなる前に、徹底したゴキブリ対策をして、ゴキブリの赤ちゃんだけでなくゴキブリの成虫もまとめて駆除してしまいましょう。

 

⇒ゴキブリ駆除剤はこちら

 

 

 

 

ゴキブリの赤ちゃんは換気扇からも入ってくる

ゴキブリの赤ちゃんは、家の換気扇からも侵入してきます。

 

換気扇というのは家の外とつながっていますから、そこからゴキブリの赤ちゃんだけでなくゴキブリの成虫も侵入してこれてしまいます。

 

ゴキブリというと、家の外ではあまり見る機会がないので家の中で繁殖しているイメージですが、実は家の外とつながっている換気扇などからも家の中に侵入をしてきます。

 

この事実をしらないと、キッチンだけにゴキブリ駆除剤を置いたから大丈夫という、甘いゴキブリ対策しかしなくなってしまいます。

 

それだと、家に入ってきたゴキブリは駆除できますが、外から入ってくるゴキブリはいつまでも止めることができません。

 

換気扇から入ってくるゴキブリは、家の壁を上がって換気扇から家の中に侵入してきます。

 

だから、換気扇の下にゴキブリ駆除剤を置くことが大切になってきます。

 

ゴキブリは、成虫でも赤ちゃんでも外から侵入してきますから、換気扇からゴキブリが入ってきていると思ったら、家の外の換気扇の下あたりにゴキブリ駆除剤を置いて対策をするようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

ゴキブリ赤ちゃんはエアコンからも入ってくる

エアコンを付けたら、ゴキブリの赤ちゃんが出てきた。

 

こんなことが起こるのかと思うかもしれませんが、実際に起こることです。

 

赤ちゃんゴキブリは、家の中で発生するだけではなく、家の外からも侵入をしてきます。

 

その時に、どこから入ってくるのかを知ることで、どこにゴキブリ対策をすればいいのかが分かってきます。

 

それでこの「エアコン」。

 

なぜエアコンの中からゴキブリの赤ちゃんが落ちてくるのかというと、エアコンの室外機は家の外に設置されています。

 

実は、ゴキブリの赤ちゃんは、エアコンの室外機の中を上がってきて、エアコンから家の中に侵入してくることがあります。

 

これは、ゴキブリの赤ちゃんだけではなく、ゴキブリの成虫も同じ経路で家の中に侵入してきます。

 

だから、ゴキブリ対策をする時には、家の中だけではなくエアコンの室外機の近くにもゴキブリ対策をする必要があります。

 

ゴキブリの赤ちゃんがエアコンの中から出てきた時は、必ず室外機の近くにもゴキブリ駆除剤を置くなどしてゴキブリ対策をするようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法

 

 

 

 

赤ちゃんゴキブリを見つけたら

ゴキブリの赤ちゃんが出た時は、早めの対策が必要になります。

 

ゴキブリの赤ちゃんが1匹出たということは、家の中にはその何倍もの孵化したばかりの赤ちゃんゴキブリがいることになります。

 

この赤ちゃんゴキブリ、ほっておくとどんどん成長してやがて成虫のゴキブリになってしまいます。

 

そうなるとどういうことが起こるかというと、また大きくなったゴキブリが卵を産み、そしてゴキブリが孵化して赤ちゃんゴキブリがたくさん発生。

 

そして、家の中のゴキブリがどんどん増えていってしまうという悪循環に陥ります。

 

赤ちゃんゴキブリを見つけた時に大切なことは、出来るだけ早くゴキブリ対策をするということです。

 

遅くなると、それだけ増殖してしまうので、ゴキブリ対策が大変になってしまいます。

 

だから、赤ちゃんゴキブリを見つけたら、すぐにゴキブリ対策を家の中にするようにしましょう。

 

⇒ゴキブリの赤ちゃんが出た時の効果的な駆除方法